健康オタクなromaちゃん

2004年 非浸潤性 乳がん(若年性)と2010年子宮内膜症になった患者の記録

乳がん患者は、何処まですべき?★ナチュラルハイジーン

 f:id:roma332004:20130824072328p:plain乳がん患者は、何処まですべき?

f:id:roma332004:20130821080636j:plain

 『女性のためのナチュラル・ハイジーン』を読んだら、

また考えさせられてしまった。

 

 

『女性のためのナチュラル・ハイジーン』

この本には、婦人科系の病気にならないための『食事』に関する事、乳がん子宮内膜症子宮筋腫などのことなどの記事が書いてある。

この本を見て、『乳製品』『砂糖』『肉』の恐ろしさを改めて感じた。

 

 乳がんから9年経過していても、つねに健康の本に目をむけてしまう自分がいる。

 

現在は、子宮内膜症の心配などもあり、食事や運動に神経質に

乳がん患者になったら、どこまですべきか??』

と考えてしまう。

 

がんになったら、こうするべき!の健康本は沢山ある。

本を読むと、理屈はよくわかる。

 

でも私は....食事に関しては完璧な『玄米菜食』砂糖絶ち、外食絶ちはできてない。

乳製品に関しては、牛乳は飲まなくなったものの......『ヨーグルト』を口にする事が

たまにある。卵は、ほんとうに時々くらい。

 

私が出来ている事は、肉絶ちくらい。

運動も毎日1時間程は、できてない。

 

できてないことだらけなのに、食事に関するに神経質ってのも

矛盾が生じているのも分かってる。....(^^;;・笑)

がんになる要因として、食事は20%くらい影響があると本で見た事がある。

この数値は、低いのか?高いのか?よく分からないけど、

残り8割は、違う原因と考えるなら、低いのかな。

 

さて、どうするか.....

言い訳に聞こえちゃうかもしれないけど、完璧な食事や運動をしても

病気になるときは...なる。

がんは、特別な病気じゃない。人はいずれ必ず死ぬ。

生まれた時から、死に向かって生きているようにも思えてしまう。

 

だから、『生きる』ばかりを考えてしまうと、『死ぬとき』は、どうするの?と

自問自答している。

 

『今を大事に、1日に感謝して生きよう』

って気持あるのに、病気について考えてしまっている。

考えても結論でないのにね....。

 

私は、気持のバランスをたもたねば....。

時には気楽すぎるくらい、『気楽』でいられるのに、病気が重なると不安になってくる。

心の置き場に悩む日々。

辛いのは、私だけじゃないのも理解しているけどね.......こればっかりは難しい。

 

『ナチュラルハイジーン』の本を読んだら、暗い気持になってしまった。

恐怖心を自分に植えてしまった。

ここに書いてある事完璧になんて出来きないからさ.....。

 

 乳がん患者になって、子宮内膜症にも悩まされているけど、

今に喜びを感じるしか...ないかな。

分かっているのに、分かってない.....9年間。わたし頑固だな。

 

女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!

女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!