健康オタクなromaちゃん

2004年 非浸潤性 乳がん(若年性)と2010年子宮内膜症になった患者の記録

乳がん患者の子宮内膜症★子宮体がん検査

乳がん患者と体がん患者は、共通点が多いという。

ホルモン療法の薬(タスオミン)飲んでいると、リスクが上がるらしい。

 

 

すぐ薬のせいにするのは良くないと思いますが

私自身は、自分の"子宮内膜症"と"細菌性膣炎"は、

スオミンの副作用では????と、思っています。

 

スオミン飲んでいる時は、生理の量も軽く、胸も張らなかった。

 

でもタスオミン5年終了した半年後に

生理の激痛で婦人科に行ったら子宮内膜症になっていた。

乳がんになる前、生理は重めだった。

今まで、お腹がい痛い事はあったが、動けなくなる程の激痛は初めて。

 それが子宮内膜症になった私の始まりだった。

 

なんでも薬の副作用とも思いたくもないけど、

薬のあとに体の不調を感じることも多い。

薬の加減もほどほどにしたいものですね。

 

今回、子宮体がん検査をした。結果は問題なし。

毎回、あの検査は本当に痛い。下手な医師が検査をすると痛さも倍増。

でも、ちゃんと定期検診はしないとね。

 

子宮体がんの検査は毎回憂鬱....。